ファイン

筋肉をつけたい? きれいになりたい? 自分に合うプロテインを見つけよう

pixta_35253104_XL

ボディメイクの意識が高まる昨今。からだを鍛えることは、ムキムキになりたい男性だけでなく、しなやかでメリハリのある美ボディをめざす女性にも身近なものになりつつあります。

効果的に筋肉をつけたい人にとって、心強い味方となるのがプロテイン。実は、プロテインの進化はめざましく、ニーズにあわせたさまざまな種類が登場しています。からだづくりのサポーター、プロテインの今を深掘りします。

 

プロテイン愛用者は年々増加中!

プロテインとは、英語でたんぱく質のこと。たんぱく質は、筋肉をはじめ、髪、爪、肌などの材料となるほか、からだのエネルギー源にもなる栄養素で、肉や魚、大豆製品、乳製品、卵などに豊富に含まれます。

私たちが「筋肉をつけたい」と思ったら、この「たんぱく質」をタイミングよく摂ることが大切です。そこで重宝されるのが、栄養補助食品のプロテイン。プロテイン先進国のアメリカでは、ドラッグストアの棚一面にプロテイン商品がズラリと並ぶ光景も珍しくありません。とくに、近年はプロテインの種類が充実し、アスリートの肉体改造からボディメイクまで、用途に合わせたアイテムを選べるように。この流れは日本にも広がっていて、その市場規模の拡大からも注目度の高さが伺えます。

プロテインの種類は大きくわけて3つあります

プロテインには興味があるものの、「いろんなプロテインがあって選べない!」という声も聞かれます。プロテインを選ぶとき、まず注目すべきは、原材料。プロテイン商品は、動物性か植物性、原材料の違いから大きく3つに分類することができます。

 

1 運動と食事で筋力アップしたい方におすすめ!

いちばんメジャーな「ホエイプロテイン

 

“ホエイ”とはヨーグルトの上澄みにできる酸味のある液体で、乳清とも呼ばれるもの。このホエイに含まれるたんぱく質を精製してとりだしたのが、「ホエイプロテイン」です。現在、市場でも最も多くの商品が販売されていて、いちばんメジャーなプロテインと言えるでしょう。

ホエイプロテインの特徴は、筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が豊富で、からだにすばやく吸収されること。トレーニング直後に補給すれば、傷ついた筋肉の回復を促す効果が期待できます。「筋肉を大きく育てたい」「持久力をアップしたい」「スポーツで当たり負けしないからだを作りたい」など、強いからだづくりを目指す方におすすめ。また、ホエイを原料にしていることから、味はサラリと淡白で飲みやすく、胃腸への負担が少ない点もメリットです。

 

激しい運動はしないけれど、筋肉量は落としたくない方に!

カゼインプロテイン

ホエイと同じく、牛乳を主成分とするプロテインに、「カゼインプロテイン」があります。カゼインは牛乳から脂肪、ホエイを除いた不溶性固形成分で、生乳を構成するたんぱく質の約80%を占めています。からだに吸収されるまで、ホエイプロテインの3〜4倍時間がかかるのが特徴。満腹感が続くとともに、長時間にわたってたんぱく質を補給してくれるため、持久力アップが狙えるプロテインです。また、筋肉量を落とさずに減量をしたいときにもおすすめ。トレーニングの休息日、就寝前などに飲むと効果的です。

 

まずは食事で健康なからだづくりを目指したい方におすすめ

女性に人気の「ソイプロテイン

「ソイプロテイン」は、大豆のたんぱく質部分だけを粉末にしたもの。大豆に含まれる水分や糖質、脂質は減らし、植物性たんぱく質を効率よく摂取できます。からだへの吸収速度は、ホエイプロテインに比べてゆっくり。満腹感が持続しやすいため、健康的なダイエットのために利用する方も多いプロテインです。また、大豆に含まれる成分の効果が期待できるのも、うれしい副産物。女性ホルモンの1種、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンには、肌や髪を美しくし、骨の強化や血流改善などの効果があると言われています。

溶かしたときにダマになりやすいのがデメリットでしたが、最近では水への溶けやすさ、飲みやすさを改良した商品も登場しています。価格は比較的リーズナブルです。

 

 

プロテイン界に新星現る! ピープロテインに熱視線

最近、「ホエイ」「カゼイン」「ソイ」の3種に加え、第4のプロテインが登場し、注目を集めています。それが「ピープロテイン」。えんどう豆のたんぱく質を原料にした、新しい植物性プロテインです。

植物性で、乳、大豆、卵などのアレルゲンが含まれないこと。遺伝子組み換え大豆に抵抗がある人も安心して摂取できる、非遺伝子組み替え食品であること。また、筋肉の修復、生成に不可欠な3種のアミノ酸・BCAA(イソロイシン、ロイシン、バリン)の含有量が、ホエイプロテインと同等レベルまで含まれることもポイントです。

からだへの吸収速度は、ソイプロテインと同じくゆっくりめ。ほどよい運動で美しくハリのあるからだを手に入れたい、というニーズに応えるプロテインといえるでしょう。

 

目的に合わせたプロテインで、たんぱく質チャージを!

プロテインは、理想のからだに近づくための頼もしいパートナー。種類と特徴をおさえて、自分に合うプロテインを選びたいですね。

「そうはいっても、店頭ではアイテムが多くて絞りきれない」というあなたに、なりたいからだ別に3つのプロテインをご紹介します。

 

俊敏で強靭な筋肉をつけたい方に

ホエイプロテイン

ホエイプロテイン

吸収力にすぐれた『ホエイプロテイン』。飽きずに毎日続けられるチョコレート風味も人気です。ビタミンB群、パントテン酸、葉酸、ビタミンCなどが、1日の摂取目安量の100%をカバーできるのもポイント。1日あたりの価格は79.6円とコストパフォーマンスも良好です。

P1090014

 

 

女性らしいボディラインを作りたい方に

Aya Pouch Mockup_berry_2017.12_rgb

ベリーミックス風味

 

Aya Pouch Mockup_peach_2017.12_rgb

ピーチレモン風味

数多くのモデル、セレブを指導することでも知られるクロスフィットトレーナー・モデルのAYAさんが監修した『ファインプロテインダイエット AYA’Sセレクション』。健康と美容を両立するために必要な植物性たんぱく質に加え、11種のビタミンや脂肪の燃焼を助けるL-カルニチン、黒胡椒抽出物、さらにマカ、カカオ、アサイー、チアシード、マキベリーの5つのスーパーフードを配合しています。さわやかな口当たりのベリーミックス風味は、ごほうびにしたくなるおいしさ、と評判! 適度な運動とあわせて取り入れて。

P1090040

 

 

きれいになりたい!でも運動する時間があまりとれない方に

ファインプロテインダイエットピープロテイン_袋_rgb
ピープロテイン

忙しくてなかなかジムに通えない方、運動が苦手な方におすすめ。アレルギー特定原材料27品目不使用で、糖質ゼロの飲みやすいピープロテインです。えんどう豆由来のピープロテインは、アレルゲンフリー、グルテンフリー、ローファットと、美しく健康的にダイエットしたい女性へのメリットが満載。ほどよい満腹感が続くので、食欲をコントロールするのにも活躍。必要なたんぱく質をしっかりチャージし、代謝アップ&ダイエットを叶えます。軽い運動の後や、朝食、夕食の栄養サポートとして飲むのがおすすめ。まろやかな甘みのバナナ風味です。

P1090026

 

自分にぴったりのプロテインを見つけましょう

プロテインは、薬ではなく栄養を補給するための食品。続けることで、じわじわ効果を実感できるものです。原材料の違い、好みのフレーバー、さらに価格と、さまざまなポイントからアイテムを吟味し、ぴったりの相棒を見つけましょう。

 

MOVIE

ファイン製品についてのご説明をまとめております。詳細はYouTubeページからご覧いただけます。

  • メディファイン
  • 金のしじみウコン肝臓エキス