ファイン

会社理念

より美しく、より健康に。
ファインの製品がお手伝いします。

 私たちは、体に良いといわれている各種の植物や動物から成分を抽出・造粒し、天然物を主体とした粉末食品及び飲料、エキス類等を製造・販売している健康食品、化粧品メーカーです。

 私たちが作る製品は、「本質」にこだわります。たとえば、原料の産地はもちろん、その原料から目的の栄養素を効果的に抽出する方法や、栄養素自体の意味、組み合わせ・・、手にしたお客様が本当の意味での満足を得られるような製品の「本質」の部分にこだわっています。「より美しく、より健康に。」これは1974年設立以来、変わらず私たちが貫き通す会社の製品すべてに一貫した信念です。そして私たちの製品がお客様を、ひいては社会をよりよくすることを目的としています。

代表取締役

sin_2

従業員の物心両面の幸福を追求し、より美しく、より健康な社会を実現する。

私たちは医食同源を理念とし、製品の安全性を第一に、新製品の開発と技術の向上に日々努力し、皆様の健康に奉仕するとともに、従業員の幸せと、社会に貢献できる企業であることを目指します。

行動指針

① 自分と家族の健康を維持管理する
② 元気よく挨拶をする
③ できない、知らないといわない
④ チャレンジ精神を持ち、今すぐやる
⑤ 時代変化に適応する
⑥ 前向きに行動する

認証取得

ISO9001認証取得
有機JAS認証取得
健康補助食品GMP適合認証

薬事法において「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」に該当するものを製造する場合は、それぞれの「製造許可」が必要となり、また日本国内の市場に出荷(卸売業者や消費者に販売・賃貸・授与)するためには「製造販売業許可」が必要となります。弊社では薬務課の厳しい審査をクリアし、下記の許可を取得しています。

清涼飲料水製造業認証取得
菓子製造業許可証取得

化粧品製造販売業許可証取得

株式会社ファイン

許可番号:27C0X00131
取得日:平成20年6月2日

化粧品製造業許可証取得

株式会社ファイン

許可番号:27CZ009100
許可区分:化粧品 一般
取得日:平成20年6月2日

株式会社ファイン テクノ工場

許可番号:28CZ200031
許可区分:化粧品 一般
取得日:平成18年4月17日

医薬部外品製造業許可証取得

株式会社ファイン テクノ工場

許可番号:27D0X00232
許可区分:医薬部外品 一般
取得日:平成18年11月15日

医薬品製造業許可証取得

株式会社ファイン テクノ工場

許可番号:28AZ200051
許可区分:医薬品 一般
取得日:平成21年10月13日

消費者の健康への関心は、これからもより高まっていくことが予想されます。
そのような消費者の要望に確実に応えていくため、弊社では新たにISO9001認証、有機JAS認定、健康補助食品適合認定を取得し、品質方針を定めました。

1.商品はお客様の立場になって真心をもって作る事
2.仕事は常に改良を重ね無駄をなくす事
3.社員一人一人が常に品質向上、生産効率向上などの意識をもって仕事に取り組む事

以上の方針に沿い、多様化するお客様に迅速に対応し、高品質で安全な製品の開発に努めてまいります。

■ISO9001とは

ISO9001は、品質管理及び品質保証のための国際標準モデルとしてISO(国際標準化機構)によって1987年に制定されました。日本では1991年にJISとして制定されて以来、その普及はめざましく、企業活動に大きな影響を与えています。

■有機JASとは

有機農産物及び有機農産物加工食品の検査認定制度。
有機農産物及び有機農産物加工食品の特定JAS規格を定め、規格に適合するかどうか検査を受けた結果、これに合格して有機JASマークが付けられたものでなくては「有機栽培トマト」、「有機納豆」、「オーガニック紅茶」等の表示をしてはならない制度が導入されました。
これにより、「有機低農薬栽培」、「有機減農薬栽培」等の紛らわしい表示が規制され、有機JASマークは有機食品の適切な表示をしているものである目印となります。
また、海外から輸入される有機食品についても国内産のものと同様に有機JASマークが付けらていないと輸入業者はこれを販売することができません。

■GMPとは

Good Manufacturing Practice。適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。GMPを行政で初めて取り上げたのはアメリカ合衆国で、1962年に「食品、薬品、化粧品法」の中に薬品の製造規範(GMP)に関する事項が取り入れられました。その後、世界保健機関(WHO)でGMPが作成され、1969年の総会で加盟国各国がGMPを採用し、国際貿易においてGMPに基づく証明制度を採用、実施するよう勧告されました。これを受けて日本では、1974年に厚生省薬務局長通知として医薬品に関するGMPが作成され、1980年(昭和55年)に厚生省令として公布されました。当時は遵守事項としての自主管理項目でしたが、1994年、省令が改正され、「製造所のGMP体制が整っていること」が「製造業の許可を取得するための必要条件」になりました。

MOVIE

ファイン製品についてのご説明をまとめております。詳細はYouTubeページからご覧いただけます。

  • メディファイン
  • 心の健やかさから・・・美しさへ ナノファイン
  • ラ フジママ ブログ